安全のために小学生には防犯グッズが必須

徒歩で通学させるのなら安全性をきちんと考えること

幼稚園や保育園にお子様が通うときは、バスや自動車での送り迎えをするのが当たり前でした。しかし、小学校に通うことになった場合は、お子様自身が徒歩で通学する状況も多いでしょう。そうなると、心配なのがよくない犯罪に巻き込まれてしまわないかということです。比較的安全な地域に住んでいたとしても、ひとりでも危険な犯罪者がいるのなら、安全とはいえませんのできちんとした防犯意識が大切になります。そのため、危険をお子様自ら避けられるように、ある程度の教育は必要だといえるでしょう。知らない人に声をかけられても反応しないことや、ひとりで帰らないことなど、危険を遠ざける方法はたくさんあるので、しっかりと調べて教えることをおすすめします。

防犯グッズをもたせてお子様を危険から遠ざける

小学生のお子様が危険を避けるように行動していても、犯罪者の側から近づいてくる可能性があります。そのようなときには、子供の力ではどうしようもありませんので、防犯をサポートしてくれるグッズを利用しましょう。現在ではお子様を守ってくれるグッズがたくさんあるため、いくつかチョイスして、どのような場合でも所持させることをおすすめします。なお、正しい選定をするためには、親のほうでもきちんと知識を持つことが大切です。

ブザーとGPSの二つはあったほうがよい

防犯をサポートしてくれるグッズを手に入れたいのなら、まずはブザーの購入を考えましょう。何か危険があったときに大きな音を鳴らしてくれるブザーがあれば、犯罪者は逃げていきますし、周囲の人間にも気がついてもらうことができるからです。安価で大きな安心を得られるため、お子様が心配ならば、ブザーは必須といえるでしょう。そして、どこにいても居場所を把握できるGPSも、お子様の安全を考えるのなら、所持させてあげたいアイテムです。ただし、GPSを単体で購入するくらいならば、携帯電話やスマートフォンを購入したほうがよいでしょう。それらの機器にはGPSが内蔵されているため、居場所を特定することが可能です。なお、小学生のうちから携帯電話やスマートフォンをもたせるのは早いと考えるかもしれません。しかし、現在では大人と同じように使えるのではなく、機能が制限された機種が販売されています。そちらを購入すれば、自由に電話やインターネットをすることはできないため、安心して小学生の子供に与えられるでしょう。

記事一覧