小学生を犯罪等から守るには家族を含めた地元の防犯意識が大切です

日本の治安も一昔前よりは悪化してきています

外国から比べると、日本という国は大変治安がいい国であるということをよく耳にします。しかし、実際に日本国内で起こっている犯罪の中には非常に残酷で生々しいものがたくさんあります。その中には小学生等の児童を対象としたものも多く、子供をもつ親御さん達からすればいつも気が気ではないというのが正直な気持ちではないのでしょうか。幼稚園や小学校に行っている時間帯は、保母さんや先生が面倒を見てくれているからまだ安心できます。でも、その行き帰りの時間あるいは遊びに行って帰宅するまでの間は、我が子の姿を目にするまで心配であるという親御さんもたくさんいらっしゃるでしょう。知らない人から声を掛けられても絶対ついていかないように、というのは一昔前で、今では知っている人でもついていかないようにというように変わってきているようです。それくらいに治安が悪化してきているということなのかも知れません。

一昔前の子供と今の子供は防犯意識が違うようです

一昔前もそうでしたが、今も小学生達は学校への登下校は必ず集団で行っているようです。通学路途中には親御さん達が当番制で、子供を見守る活動と称して立っていたりもするようです。しかし、朝の登校時はそれが可能だとしても下校時となるとなかなかそうもいかないようで、中には集団ではなく単独で下校する子供さんもいるようです。昔の小学生というのは、知らない人から声を掛けられたりしても、危険を察知したり、親に怒られるからと言って完全無視をしたり、一目散に走って逃げたりすることが可能でした。しかし今は必ずしもそうではないようで、防犯意識が備わっていない子供が多々いるようです。それではどうやって子供を守ればいいのでしょうか。

自分を守る術を身につけさせることが大切です

やはり、子供の学校への登下校時は親御さんや近所のパトロール隊と称するような人達が見守ってくれるのが一番いいのかも知れません。また、子供に対して防犯意識を徹底的に意識づけるということが大切です。さらには、もし一人だけでの登下校の際には、できるだけ人気のない道は避け、少々遠回りになったとしても人気の多い道を通るということを教え込むことが必要です。また、警察等に相談すれば、登下校の時間帯に重点的にパトロールしてくれることも可能なようですし、万が一の場合に備えて防犯ベルやGP機能付きの携帯電話を持たせることも考えるべきでしょう。しかし一番大切なことは、もしもの時には大声を出して助けを求める、声を掛けられても完全無視してすぐ逃げる等、子供が自分を守る術を身に付けさせるということではないでしょうか。

記事一覧